統合管理システム(IMS: Integrated Management System)ホフマンセラミック社の企業方針

 

ガイドライン、運用原則、および全般目標

 

統合管理システムは、国内外の競争において成功の鍵となる要素であり、ホフマンセラミック社の企業方針を遂行するうえでの骨組みになります。企業プロセス全体の継続的改善を計画、管理、見直し、保証する当社の統合管理システムには、以下の項目が盛り込まれています。

  • 品質
  • 環境
  • エネルギー

当社では、可能な限り最高の品質を提供することはもちろんのこと、企業経営の段階からお客様が当社製品を使用される時点まで、当社が関与する全ての範囲における環境とエネルギー資源にも配慮しています。そして、品質、環境、エネルギーの各方針に記載されているガイドラインや基本原則に従って業務を遂行し、目標を全て達成しています。これはまた、品質の最適化や環境の保護だけでなく、コストの削減にも役立っています。つまり、当社の目的とコミットメントを遂行することが、経済効率の確保や継続的な成功に繋がっているのです。

品質に関して、当社では、お客様のご要望やご期待に継続的にお応えするための従業員によるプロセス指向の活動と理解しています。これには、当社の製品とサービスが、卓越性、信頼性、および納期厳守などのニーズを常に満たすようにすることも含まれます。そして、有能で献身的な従業員は、お客様や一般の人々とのコミュニケーションならびに話し合いにおいて非常に重要となってきます。当社の目標は高品質な製品やサービスを永続的に維持することであり、そのため当社は今でも継続的に製品の開発や生産の改善に投資しています。

当社は環境面でも十分な配慮を行っています。環境に関する当社の指針と目標では、リサイクル可能な資源の使用、資源消費量と廃棄物の削減、環境管理の体系的な改善に重点を置いています。当社の一貫した目標としては、製造中だけでなく使用中や廃棄時にも環境保護に貢献する製品を開発することです。

エネルギー効率は、当社の企業経営にとって重要な要素です。当社では、継続的改善プロセスを用いることで、長期的なエネルギー消費を削減し、エネルギー効率を向上させるよう努めています。

もちろん、ホフマンセラミック社は常にあらゆる法的規制や要件にも準拠しています。当社の全従業員は、品質、環境、そしてエネルギーの各目標を把握し、それらを目指して努力しています。これは、社員一人ひとりが、品質、エネルギー、環境に関する各方針の遂行に貢献していることを意味します。当社は、品質、環境、エネルギー管理の各分野で常に優れた成果をあげる義務があると考えています。その義務を果たすうえで当社は、統合管理システムのガイドラインを常に遵守し、また見直すことでこれら全ての分野を継続的に改善するよう努めています。

当社の統合管理システムは、国際規格DIN EN ISO 9001、DIN EN ISO 14001、およびDIN EN ISO 50001の要件を満たしています。

 

Quality management

Certified in accordance with DIN EN ISO 9001.

Available here as a PDF download (English): DMSZ certificate


Environmental management

Certified in accordance with DIN EN ISO 14001

Available here as a PDF download (English): DMSZ certificate


Energy management

Certified in accordance with DIN EN ISO 50001.

Available here as a PDF download (English): DMSZ certificate